脳梗塞を治療して再発を予防しよう~恐ろしい病気を回避できる~

病院

脳動脈に血栓が詰まると

先生

脳梗塞を起こしてしまうと早期の治療が必要になってきます。血栓を溶かしてしまう薬剤をなるべく早く投与して、血流の再開をしなければなりません。最近は直接血栓を取り除く方法も行われています。心臓が原因の脳梗塞も多くあります。

» 詳細を読む

発症後の対応と予防策

看護師

回復が期待できる治療法

以前は脳梗塞は不治の病と言っても過言ではない病気でしたが、現在では回復が期待できる病気になっています。この現状を実現させたのが、t-PA治療という治療法です。脳梗塞の発症原因は、脳の血管の閉塞です。具体的には、血栓(血の固まり)が詰まってしまうことで脳の血管は閉塞してしまいます。t-PA治療に用いられるt-PAという薬剤は、詰まってしまった血栓を溶かす作用があります。従って、t-PA治療は脳梗塞に有効なのです。しかも、t-PA薬剤は点滴で投与するだけですので、t-PA治療は体にかかる負担が少ない治療法でもあります。但し、t-PA治療は脳梗塞発症後、4時間半以内に治療を開始しなければならないという制約があります。もし守られなければ、脳内で出血してしまう恐れがあるのです。そして、当然、治療開始が早ければ早いほど回復する可能性は高くなります。ですから、脳梗塞を発症したのならば、すぐに病院に行く必要があるのです。

脳の検査が予防の第一歩

発症後の有効な治療法があるとしても、当然のことながら発症させないようにすることが何よりも大事です。脳梗塞は突然発症するのではなく、段階を踏んで発症します。ですから、脳梗塞は予防できる病気なのです。脳梗塞の原因、血栓を発生させる要因となるのが動脈硬化です。そればかりか動脈硬化は、動脈の内腔を細くします。内腔の細くなった動脈に血栓は、当然、詰まりやすくなります。従って、動脈硬化が進行すると、いつ脳梗塞を発症してもおかしくない状況なのです。ただ、動脈硬化を実感することは、まず不可能です。それならば、予防できないと考えてしまいますが、そんなことはないのです。脳の検査を受ければ、動脈硬化は判明し、その時点で適切な治療を受ければ、脳梗塞発症を未然に防ぐことができるのです。脳の検査は、多くの医療機関で実施しており、推奨もしています。また、健康意識の高い人は、積極的に受けています。

動脈硬化が引き起こす病気

病棟

心筋梗塞は心臓上部の冠動脈の血流が滞り、壊死を招く病気です。予防のためには、コレステロールが動脈内にたまらないように、生活習慣や食生活を見直す必要があります。肥満も動脈硬化の原因となりますので、適度な運動をするようにし、禁煙を心がけましょう。また薬物でコレステロールを減らす方法もあります。

» 詳細を読む

疑いが病気の大きなサイン

女性

脳梗塞は日本人に多い病気で、生活習慣病の1つとして知られています。動脈硬化によって脳の血管が詰まってしまうので、命や障害の危険性もあるのです。これを防ぐには脳梗塞の代表的な症状を把握しておくことで、すぐに疑いを持って治療を受けていくことができます。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 脳梗塞を治療して再発を予防しよう~恐ろしい病気を回避できる~ All Rights Reserved.